コナミスポーツのフランチャイズで土地活用

ロッテリアでのフランチャイズ
ロッテリアの店舗は、清潔感、サービス、速さの3つを加え、4つを基本原則として店舗の運営を考えています。

そのためにも、ロッテリアでは、フランチャイズ店舗の絞り込みをします。
新メニューの開発を継続的に行い、サービスをよりよくすることを徹底して考えています。
おもてなしの心を大切に、お客様に商品を送ることを実践している企業です。

ロッテリアでは、一般フランチャイズと委託フランチャイズの2パターンが存在します。

一つ目の一般フランチャイズでは、自分で土地を決定して店舗を展開します。
このときに最低で30平米の広さを確保することが最低条件です。

委託フランチャイズでは、企業が持っている店舗を引き受けてオーナーとなります。
基本的にどちらのパターンでも、月々に支払うロイヤリティは3%です。

ロッテリアのフランチャイズに求められることがいくつかあります。
それが、ロッテリアのビジネスに強い関心があること、必要開業資金があること、開業前研修に参加できることです。

また、とても大切なのが他のハンバーガーチェーンの経営に携わっていないことです。
ライバル企業との掛け持ちは決して出来ないのが条件です。

日本人に愛されるハンバーガーチェーンのロッテリアでは、他の店舗には無い特徴があります。
そのため、オーナーとして充実した企業展開が出来るでしょうね。
コナミスポーツクラブのフランチャイズ