サークルKでフランチャイズのオーナーに

サークルkとは
サークルkとは、アメリカ合衆国が由来のインターナショナルな会社です。
創業は、なんと1951年のことで半世紀以上の歴史がある企業となります。

アリゾナ州テンイに本社があり、日本を始めアジアの各国でロゴを見つけることができます。
過去にはイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの国々にも店舗を展開していた事でも知られています。

日本での本部は東京都中央区にあり、全国で6300点を超える店舗数を誇ります。
ユニーグループ・ホールディングス株式会社が主要株主で、オリジナル商品の展開なども行ってい、顧客のニーズをつかんでいます。

サークルkで共存共栄
サークルkでのフランチャイズのシステムは、店舗と本部の共存共栄です。
お互いにwin-winで生き残ることを目標としています。

フランチャイズでは、店舗から経営のノウハウや商品の物流システムを提供してもらって、スムーズな店舗展開をサポートしてもらえます。
その代わりに、フランチャイズ店はロイヤルティを店舗に払い、お互いに利益を得る方式となります。

日本における、大手コンビニエンスストアの一つであるサークルkです。
フランチャイズの契約を結ぶことで、安定した経営が築けると言えます。

サークルkでフランチャイズを持つ
サークルkでは、開業時に30代、40代、50代の人がそれぞれ30%程度と大部分を占めます。
オーナーの平均年齢は48歳で、まだまだこれからも働ける人たちが大部分です。

一人で開業するのも勿論ですが、資金の関係などからパートナーで経営することもできます。
配偶者や親子、兄弟など、身内の人と共同して店舗を持つ人も多いです。

開業エリアとして多いのは、東海・北陸、関東甲信越のエリアです。
希望すれば、複数店を同時に持つオーナーとなることもできるのもサークルkの特徴です。
複数店の経営なら、より効率的に店舗展開ができるでしょう。
サークルKフランチャイズ