世界的大企業のマクドナルドでフランチャイズオーナーになる

マクドナルド程の国際的で、大きな企業は他にはありません。
マクドナルドのオーナーとして仕事をするという事は、世界の基準に沿った起業展開が必要になります。

しかし、マクドナルドのオーナーと言うだけで、大きなステータスがあります。
世界中のだれもが知っているブランドなので、遣り甲斐があり、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

マクドナルドのフランチャイズにはトレーニングが必須
マクドナルドは、世界的な大きな企業ですので、オーナーになるには一定のトレーニングを積むことが必須となります。
まずは、6~12カ月以上の期間、トレーニングプログラムに参加することが求められます。

マクドナルドのオーナーとして独立するためには、店舗経営のノウハウを身に着ける勉強をします。
更に、フランチャイズビジネスを成功させるための知識はもちろん、技術習得も求められます。

マクドナルドでは、別名ハンバーガー大学とも言われる、社内研修施設が存在します。
ここで、実践的な技術を身に着け、技術を習得します。
世界のどこでも変わらぬ品質の商品を提供するために、およそ6~12カ月みっちりと研修を受けます。
フランチャイズビジネスを成功させるための鍵なので、マクドナルドのオーナーは必ず通らなければならない道です。

マクドナルドのフランチャイズの費用
マクドナルドでのフランチャイズ契約では、開業するにあたって店舗資産を購入する必要があります。
ただし、店舗の購入金額は、店舗の価値によって大きく異なります。
新規店舗であるか既存店舗なのか、既存店舗であれば現状の店舗の収益、再投資額などで費用が変わってきます。

また、マクドナルドでのフランチャイズ期間は10年となります。
毎月フィーロイヤリティは店舗の合計売上の3%、広告宣伝費に4.5%が求められます。
初期費用加盟金として250万円が必要で、他にも土地代や修繕費などのお金が別途加算されます。

世界的に有名なマクドナルドとしてのオーナーはとてもやりがいを感じるはずです。
ブランドを背負って行う仕事は、他では味わえない大きな価値があるでしょう。
マクドナルドでフランチャイズ