始めやすいほっかほっか亭のフランチャイズ

ほっかほっか亭とは
ほっかほっか亭とは、フランチャイズで店舗展開を行っています。
持ち帰りのお弁当のチェーン店で、「わたしの街の台所」というキャッチフレーズを元に営業をしています。

今では、全国に店舗を展開していて、日本国民にとっておなじみのお店となっています。
新しく、オンラインでのオーダーサービスなども展開し、CMでの販売促進もされています。

ほっかほっか亭でのフランチャイズの魅力とは
ほっかほっか亭では、お弁当作りのノウハウを引き継ぐことができます。
飲食業を始めたいと思っている人であっても、100%自分でスタートし、生き残ることは至難の業です。

そこで、ほっかほっか亭として仕事を始めれば、ブランドロイヤルティーを受け顧客確保が容易になります。
ゼロから始めるのとは違い、スタッフや設備が充実し、安心してお店を始めることが可能です。

本部が建物、設備を用意してくれます。
大手の店舗なので、売り上げの管理などの面倒な経営で失敗することはないです。
また、研修制度がしっかりとしていて、経営やスタッフの教育も体制が整っています。

ほっかほっか亭フランチャイズに必用な費用
ほっかほっか亭のフランチャイズには、最低で250万円のお金があればお店を持つことができます。
内訳としては、加盟金100万円、保証金50万円、研修費50万円です。

また、契約期間は、3年で、3年毎に10万円の契約金が必要です。
その他に必要な費用に、月額費用があります。

フランチャイズとしてお店を開く代わりに、ロイヤリティの必要が必要です。
毎月9万円、また基本管理費に店舗の売り上げの8~9%、販売促進の負担として月額潤売り上げの1%を支払います。

この様に、ほっかほっか亭比較的低資金で開けるお店です。
オーナーになりたいという夢がある人が目指しやすいと言えますね。

ほっかほっか亭のフランチャイズ